画期的な抗生剤、ジスロマック!

陰茎等のクラミジアにジスロマックと遠赤外線の治療

クラミジアの感染症は性器に対しての感染が起こります。男性の場合には陰茎、女性の場合には子宮が主な感染場所となりますが、のどにも感染することが知られるようになっています。ジスロマックはクラミジアに対する有効な抗生物質として知られるようになり、現在では第一選択薬として用いられるようになっています。クラミジアに感染すると男性でも女性でも不妊になってしまうリスクがあるため、早期に気づいて治療を行うことが大切ですが、自覚症状があまり伴わないことも多くて発見が遅れやすいのが特徴です、男性の場合には陰茎のかゆみや排尿時に不快感といったものを感じる人もしばしばいますが、女性の場合には8割前後が自覚症状を伴わない期間を長く過ごすことになりがちです。女性の場合には子宮頸管炎を比較的起こしやすく、不正出血で気づく場合もあります。しかし、その時点ではあまり気にせず、子宮内膜炎となり、さらには卵管炎を起こして不妊症となってしまうこともあります。こういった段階まで感染が進んでしまって治療を行った際には多くの女性が不妊になってしまったのではないかと懸念するようになります。実際に妊娠したいと思ってもなかなかできないという場合もあり、それが本当に不妊症なのかどうかということで悩む女性も少なくありません。そういった際には不妊治療を行っている産婦人科に相談すると良いでしょう。遠赤外線治療や炭酸治療、鍼灸や整体などによって治療を試みてもらうことが可能です。そういった治療によって生理が訪れればしっかりと妊娠できるようになるでしょう。ストレスによって生理が乱れてしまう人も多いことから、あまり気にかけずにいることも大切です。